【かんとん包茎】自然できれいな仕上がりのかんとん包茎手術ならメンズサポートクリニック新宿院・横浜院



カントン包茎は包皮先端の口の部分が狭く、亀頭を露出せさせようとすると亀頭や陰茎に締めつけがあるタイプの包茎です。多くのカントン包茎の場合、平常時は亀頭が完全に包皮に覆われています。包皮先端の口の部分の狭さの程度によって、以下の様な特徴があります。

❶ 平常時はスムーズに剥く事ができるタイプ。
勃起時に包皮をめくると亀頭を露出させていく事ができますが、途中で締めつけ感や痛みを感じます。これ以上剥けない場合もあれば、無理をすればさらに剥ける場合もあります。亀頭を全部露出させると、亀頭や陰茎に強い締めつけ感や激しい痛みを伴います。

❷ 平常時からスムーズに剥く事ができないタイプ。
少し無理をして包皮をめくらなければ亀頭を露出させる事ができず、途中で締めつけ感や痛みを感じます。このタイプは勃起してから剥く事は困難な場合が多く、平常時にあらかじめ亀頭を全部露出させてから勃起すると、亀頭や陰茎に強い締めつけや激しい痛みを伴います。

❸ 上記のいずれのタイプでも無理に亀頭を露出すると、元どおりにかぶせた状態に戻す事が困難になり、亀頭や陰茎が締めつけられ、痛みや裂傷とともに包皮がドーナツ状に大きく腫れ上がってしまいます。(図❹参照)この状態をそのまま放置すると、腫れが増大し、激しい痛みを伴って、最悪の場合、亀頭が壊死してしまうケースもあります。緊急に手術が必要です。

❹ 平常時でも勃起時でも亀頭を露出させるのに特に締め付け感や痛みを伴わないが、長時間亀頭を露出していると包皮が少しずつドーナツ状に腫れ上がってしまいます。このタイプは通称、「隠れカントン」と呼ばれています。

カントン包茎はいずれの状態でも早期治療をおすすめいたします。
少しでも狭い部分がある場合は無理に剥こうとせず、電話相談いただくか、無料診察カウンセリングへお越しください。


勃起回数の少ない、幼少期のカントン包茎は、自覚症状がほとんどありません。しかし、思春期に入り度々勃起をするようになったり、またペニスが大きくなるにつれて、カントン包茎の症状を自覚することになります。症状としては、包皮の先端部分が狭く、勃起した際に亀頭を露出する事が不可能となります。無理に剥こうとすると痛みや裂傷が伴い、亀頭下がドーナツ状に腫れあがり、皮が元に戻らなくなることがあります。亀頭が壊死してしまう可能性もあり、性行為はおろかマスターベーションも不可能となり、子孫を残すこともできなくなるリスクがあります。カントン包茎は他の包茎よりも非常に危険な症状と言えます。


カントン包茎の症状を放置すると、取り返しのつかない状態に陥ってしまう恐れがあります。 カントン包茎は、平常時と勃起時の陰茎の太さのギャップに包皮口の伸縮性が伴わない為、包皮口が亀頭を強く締め付けてしまい、亀頭は十分な血液の循環が行えず、血行不良を起こします。これ放置すると亀頭下がドーナツ状に腫れあがり、緊急手術を要する場合があります。また更に放置すると、亀頭への血液循環が妨げられうっ血し、亀頭が壊死してしまい、結果としてペニス自体を切除することとなり男性機能を喪失してしまう事態に陥ります。カントン包茎は早期の治療が不可欠です。カントン包茎の疑いがある場合やカントン包茎でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。


メンズサポートクリニックでは、「包茎の状態は人それぞれ違い個人差が大きい」と考え、患者さま一人一人に合わせたカスタムメイドの包茎治療を行っております。カウンセリング時にご遠慮なく、ご希望をお話しいただき、ペニスの長さや太さ、湾曲やねじれのクセ、皮膚の厚みなどに加え、弛緩時と勃起時の差を想定し余剰包皮を測定、精密作図し、亀頭直下の環状溝が縫合面になるようにミリ単位の精度にこだわって立体的に3次元のデザインを行います。この3次元精密作図法と繊細かつ丁寧な縫合で、包茎手術跡がほとんどわからないほど、自然で美しい仕上りを実現しています。

メンズサポートクリニックでは包茎手術を基本的に「亀頭直下埋没法」という方法で手術します。「亀頭直下埋没法」は、切除縫合ラインが亀頭の真下のしわに隠れますので、傷跡が目立たず、自然で綺麗な仕上がりとなります。

カントン包茎では包皮先端の口の部分が狭くなっています。この狭くなっている部分の解除を行うために亀頭下埋没法と併せて「嵌頓部狭窄解除」を行います。「嵌頓部狭窄解除」は亀頭下埋没法で切除する余剰包皮の範囲内で行うので、最終的な仕上がりは亀頭下埋没法と同じになります。


包茎手術は皮を切るだけの単純な手術ではありません。切除縫合ラインを目立たせず、美しく自然な仕上がりにするには、高度な技術と豊富な経験が必要です。
メンズサポートクリニックは男性治療専門院として、年間5,000例を超える症例を誇ります。 医師、看護師、カウンセラー全てが男性治療のスペシャリストです。
一生に一度の大切な包茎手術。
私たちは、最高水準の形成外科的手法と美容外科的手法を駆使して、美しく自然な仕上がりにすることをお約束します。

【包茎治療TOPページ】はこちらをご覧ください▶︎▶︎
【仮性包茎について】はこちらをご覧ください▶︎▶︎
【真性包茎について】はこちらをご覧ください▶︎▶︎
【包茎手術のよくある質問】はこちらをご覧ください▶︎▶︎

24時間受付中 お気軽にご相談ください


「痛み」への不安は、治療を受けるにあたり、どなたでもあるかと思います。メンズサポートクリニックでは、患者さまの「痛み」と「不安」を和らげるために複数の麻酔を組み合わせた治療を行っております。 専門院ならではのオリジナル無痛麻酔で、最大限痛みをコントロールした中で、包茎治療を終えることができます。麻酔は1時間程で切れますが、治療後、帰宅後の痛み止め薬も無料処方してお渡ししておりますので安心です。


高密度の高周波シグナルを利用し、負荷や接触抵抗によるジュール熱を発生させ、この熱で瞬時に細胞を加熱し瞬間蒸発させる最新テクノロジーを備えた医療機器です。治療の際に切開と同時に止血も行え、出血を最小限に抑制できるので迅速な手術手技を可能とし、身体への負担を大幅に軽減できるというメリットがあります。「15分で包茎手術」というようなクリニックも散見されますが、メンズサポートクリニックの包茎手術では「あえて時間をかけ」患者さまの生涯1回の治療であることを理解し、最高レベルの治療と美しい仕上りに実現するため最高水準の技術を駆使しております。

メンズサポートクリニックでは抜糸不要の医療用吸収糸を使用することで一度の来院で包茎手術を完了しています。手術跡を目立たなく美しく仕上げる美容外科的手法と勃起時の機能性を一切損なわない形成外科的手法を融合させた精密縫合を行います。自然に溶ける医療用吸収糸で縫合しますが、ご来院可能であれば、抜糸に来ていただくことを推奨しております。抜糸をしたほうが、より綺麗な仕上がりになるからです。抜糸費用はかかりません。抜糸にお越しいただけない場合でも3〜4週間かけて徐々に取れますのでご安心ください。抜糸の必要な非吸収糸への変更も対応いたします。
遠慮なくご相談ください。


メンズサポートクリニックでは、治療後も安心していただけるように万全のアフターケア体制を充実させております。 不安を感じたときに24時間対応する電話相談サービスや無料再診制度など治療後もしっかりサポートいたします。ご遠慮なくご相談、ご来院ください。


メンズサポートクリニックでは患者さまにわかりやすい明朗会計を実践しております。診察カウンセリング時に治療内容と治療費用の詳細な明細をしっかりと掲示し、ご説明いたします。後になって変更・追加料金になることは一切ありませんのでご安心ください。

※診察、カウンセリングは無料です。
※上記治療費は基本手術費用・麻酔代・薬代・アフターケアの全てを含む金額(税別)です。
※診察・診断の結果、治療ができない場合がございます。予めご了承ください。
※治療費は症状や状態、患者さまのご要望により変動する場合がありますが、事前の診察カウンセリングにより確定した上で治療をいたしますので、後になって追加変更になることはありません。
事前に手術内容の説明と必要性を丁寧に患者さまにご説明し、明確な費用をお伝えしております。
※当院は公的保険適用のない自由診療です。
※未成年の方は、親権者の承諾が必要です。


【包茎治療TOPページ】はこちらをご覧ください▶︎▶︎
【仮性包茎について】はこちらをご覧ください▶︎▶︎
【真性包茎について】はこちらをご覧ください▶︎▶︎
【包茎手術のよくある質問】はこちらをご覧ください▶︎▶︎


包茎治療に伴せて、お好みの治療を同時施術することも可能です。
複数の治療を同時に行うことで個別に行うより時間が短縮でき、また施術によっては、大きな相乗効果も期待することができます。